2017年10月31日火曜日

【第2回 今月の向日葵さん】
                     10月号

指定居宅介護支援事業所 向日葵 ・ 相談支援事業所 向日葵
訪問看護ステーション 向日葵

第2回目となる今回は、こちらの2名をご紹介します!


訪問看護ステーション 向日葵 より


大浦 亜子 さん
 
向日葵 3年目    訪問看護師 
 

Q. 訪問看護師になった理由を教えてください。   

 向日葵の現所長、馬場 梨花 所長の勧誘に気づいたらのっていました(笑)
前職場を退職してゆっくりしていたところを、「そろそろ働きたくなったでしょう~?大丈夫大丈夫!できる!」と勧誘され、いつの間にか向日葵のユニフォームを着ていました。今となってはその誘いに感謝しています。


Q. 訪問看護師として心がけていることは何ですか?

 病院に勤務していた際は、病名や身体の症状を中心に見ていましたが、訪問看護師になってからは、病気を通して利用者様を見るのではなく、利用者様とその生活全体を見ることを心がけています。


Q. 向日葵の自慢はここ! 

 職場の雰囲気がいいところです。
毎日笑いが絶えず、明るく楽しく仕事が出来ています。おかげで職員間のコミュニケーションがよくとれていると思います。日々のちょっとした雑談の中にも、利用者様との関わりのヒントになる会話がたくさんあり、困ったことも相談しやすい雰囲気が自慢の職場です!



続いては、 指定居宅介護支援事業所 向日葵  より


主任  井坪 登美子 さん

 向日葵9ケ月   ケアマネジャー

Q. 仕事で心がけていることは何ですか?
   
 人の心の動きを感じながら、その人の生活を支援する仕事なので、言葉の表面だけではなく、その思いや背景を汲み取ることを心がけています。そのため、ケアマネジャーのみの力ではなく、関わる支援者がチームとして支援することが大切だと思っています。


Q. 利用者様との感動エピソードを教えてください。

 難病の利用者様が、家族旅行出来たことです。ご本人は、北海道新幹線に開業当時から乗りたいという話をしていて、その希望を叶えることが出来ました。
車いすで尿カテーテルをつけているのですが、旅行にあたり、主治医の先生をはじめ、訪問看護ステーション 向日葵の看護師等と連携して、何かあった時の対応に不安がないよう準備でき、帰宅後には「本当に行けて良かったよ!」と、本人も家族も、笑顔で家族旅行の話をしてくださいました。
ハンデキャップがあっても、本人・家族の望み、幸せ・喜びを支援出来ました。


Q.休みの日はどんなことをしていますか?
  
 愛犬と野山の散策に出掛けて、気持ちをリフレッシュしています!


ありがとうございました!



 次回の更新もお楽しみに!


【ご報告】

 訪問看護ステーション 向日葵は、このたび指定居宅介護支援事業所 向日葵の2階から、東隣の建物の1階へ引っ越しました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。